私について


新たな冒険を求めて日本を飛び出し渡英したのが2002年。エコビレッジ、国際コミュニティとして知られるフィンドホーン・ファウンデーションのスタッフとなり、世界中の人々と働く中、日本では当たり前だと思っていた概念は、まったくあてにあらないことに気づきました。

今まで信じていたことは何だったのだろう? 自分だと信じていたものが崩壊していく中で、ノンデュアリテやインド哲学、バイロンケイのザ・ワークに出合いました。

国籍も、肌の色も、考え方も違う人々が一緒に仕事をし、生活していくのは、思ったほど簡単ではありませんでした。人をジャッジしないように心がけても、「あの人はこうであるべき」「わたしはもっとこうでなければ」と、ジャッジメントは止まりません。それを押しやろうとすればするほど、その声は大きくなり、私を苦しめました。

そんな中で実際に「どうしたら」思考とワークスすることができるのか、それを教えてくれたのが、バイロンケイティのワークだったのです。

それから、私は自分の思考を一つひとつ認め、出会っていくことを始めました。初めはネガティブで、残酷な考えを見つけると、罪悪感がわいてきたのを覚えています。でも、しっかりとその思考と出会い、ワークをすると、たくさんの気づきが生まれることに気が付きました。その考えに感謝さえわいてくるほどです。

現在は、ワークの公認ファシリテーターとして、スカイプで世界中の人々のストレスフルな思考に問いかけています。そこでいつも思うのは、一つとしてユニークな思考はないということ。ボスニアヘルツェゴビナでも、アメリカでも、ハンガリーでも、スウェーデンでも…。一つの心(ワンマインド)とはよく言いますが、まさにそんな感じです。そして彼らの思考は、私が昨日思ってストレスに感じたことと、まったく同じだったりもして、思わず微笑む瞬間さえあるのです。