バイロンケイティのワークの質問3で、感情と体の感覚を味わう。

バイロンケイティのワークは「4つの質問」と「置き換え」は皆さんもご存じでしょう。

それは本当ですか?

それが絶対に本当だと言い切れますか?

その考えを信じると、あなたはどう反応しますか?何が起きますか?

その考えがないと、どうなりますか?

そこで注目したいのは3番目の質問。

例えば、あなたのストレスフルな考えが「彼は私を無視する」だとしましょう。

質問3では「彼は私を無視する」という考えを思いっきり信じた瞬間、

どんな反応が起こるか―どんな感情に支配され、どんな体の感覚が引き起こされるのかを、

じっくりと探求します。

苦しみを乗り越えるには、難しい感情を否定せず、居場所を与え、認めることが大切です。

クリストフ・アンドレ著「マインドフルネスー心を鍛える瞑想術」(紀伊国屋書店)にも、

「ネガティブな感情というのは、暴れている動物のようなもので

押さえつけて無理やり言うことを聞かせようとすればするほど、

もがいて私たちを傷つけてしまうものだ。

だから、たとえつらい感情も居場所を与え、

存在してもいいとみとめてやるほうがいいのである。

そうして自分の感情を観察してみる。

この感情によって、体はどんな影響を受けているのか?」

とあります。

それはまさに、ワークの質問3で、私たちが観察し、探求することです。

私の経験では、ここで体の感覚に注意を向けることで、

かなり、感覚に敏感になる様になりました。

そして、思考を無邪気に信じたために、自分の体をも痛めつけていることを発見するのです。


「彼は私を無視する」という思考を信じた状況を思い浮かべ、感情を感じることを許すと、

呼吸が浅くなって、心臓がドキドキし、胸が苦しくなります、

不安と悲しみと怒りで、ムカムカしてきて吐きけさえしてきます。

のどが締め付けられて、声が出せません。

肩と背中、腰に力が緊張でコチコチに凝っています。

知らないうちにこぶしを握りしめ、顎に力が入っています。

胃のあたりに難い結び目ができたようです・・・。

感情を信じただけで、体がこんなに変化をするなんて!

ここで十分に思考を信じると、どんな感情がわき、

体にどんな影響が出るのかをじっくり観察すると、

4番目の質問「その考えがなければ、あなたはどうなりますか?」に

移りやすくなりますし、何よりも

思考を信じたときと、そうでない時のコントラストがはっきりわかるようになります。

また、質問3でしっかりと感情を受け止め、居場所を与え、しっかり感じてあげる、

マインドフルネス瞑想の重要なプロセスを体感できるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA