バイロンケイティのワークを日常的に行っていると、見えてくる可能性

さて今日は、ワークを継続的に実践していると、

どのような可能性が開けてくるのかについてお話します。

 

ワークをするときは「なるべく動機を持たないように」

といわれています。それはつまり、

オープンマインドで行うということだと思っています。

 

もちろん、まったく動機ゼロにすることは難しいもの。

頭を整理したい、とか、心のモヤモヤをすっきりさせたい、

怒りや悲しみから逃れたい、

などの期待があるのは自然なこと。

そしてオープンマインドとは、

信頼して委ねることなので

「こうなればいいな」という気持ちを

できるだけ手放すように心掛けたいものです。

 

今、マインドフルネスや瞑想がブームになっていますが、

集中して仕事を効率よくこなし、成功するためにする、

という人もいるかと思います。ただ、

それがゴールになってしまうと、

本来の大切なエッセンスを失うことに

なるのではないでしょうか。

 

その上で、ワークを日常的に行っていると、

見えてくる可能性についてお伝えします。

 

その1.悩みや苦しみのからくりがわかるのでそれに振り回されたり、ドラマに巻き込まれたりすることが少なくなる。

 

その2.まじめすぎたり、深刻になることがなくなり、自分の人生を、映画を見ているような感覚で客観的に楽しめるようになる。

 

その3.自分の考えを知り、出会い、受け止めることで、自己受容が努力なしに育まれる。

 

その4.「こうあるべき」から自由になることを許すことで、もっと大きな可能性を生きられるようになる。

 

その5.「あるがままの現実」を愛するとはどういうことなのかを理解し、それを実践できるようになる。

 

その6.思考(マインド)が心(ハート)のなかでくつろぎ、自分の中の戦争がおわることで、外に見えていた景色も変わってくる。

 

その7.愛や承認を外から求めるのではなく、自分の内にあることを理解することで、人を無条件に愛するこることが容易になる。

 

その8.あれをするべきではない、これを言うべきではないという思い込みから解放されるので、コミュニケーションが自然に起こり、アサーションがスムーズにできる。 

 

その9.そこにある奇跡や相互関連に気がつくようになることで、感謝の気持ちや幸福感が勝手にわいてくる。

 

その10.恐れがワクワクに代わることを体験できるので、恐怖が減少する。

 

その11.自分にとって何が真実なのかがわかりやすくなる。

 

その12.良い、悪いという二元性を超えた非二元をハートで理解できる。

 

その13.ビリーフ(思い込み)を構成する思考の粘着力が弱まり、勝手に離れていく。

これらがすべて1回のワークで起こるとは言っていませんが、

多かれ少なかれ私が自分自身で実感していることです。

そう考えてみると、いまさらながら、ワークってすごいなあと思います。

 

ワークに心を開いていると、上に書いたような

気づきが、自然に育まれるとでもいいましょうか。

 

だからと言って、私がものすごくいい人になったわけではありません。

誤解を恐れずに言えば、より自分らしく生きられるようになった

ということなのかもしれません。

 

あなたは、自分の可能性に興味がありますか?

より自分らしく生きたいですか?

 

イベントのご案内

ワーク無料体験セッション60分

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/22016

 

バイロンケイティのワークに興味がある人、英語での自己探求に興味がある人、ワークのワークショップを海外で受けたい人に

 6/16 東京都 Let’s do The Work in Eglilsh!

家庭に仕事にと忙しく、なかなか自分について考える時間がない女性たちに

 6/21 埼玉県 6/21(金)よる7時 夏至の引き寄せ講座 「本当のワタシをみつけよう」
(こちらはワークも一部ご紹介しますが、ワークだけの講座ではありません)。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA