バイロンケイティのワークを日常的に行っていると、見えてくる可能性

さて今日は、ワークを継続的に実践していると、

どのような可能性が開けてくるのかについてお話します。

 

ワークをするときは「なるべく動機を持たないように」

といわれています。それはつまり、

オープンマインドで行うということだと思っています。

 

もちろん、まったく動機ゼロにすることは難しいもの。

頭を整理したい、とか、心のモヤモヤをすっきりさせたい、

怒りや悲しみから逃れたい、

などの期待があるのは自然なこと。

そしてオープンマインドとは、

信頼して委ねることなので

「こうなればいいな」という気持ちを

できるだけ手放すように心掛けたいものです。

 

今、マインドフルネスや瞑想がブームになっていますが、

集中して仕事を効率よくこなし、成功するためにする、

という人もいるかと思います。ただ、

それがゴールになってしまうと、

本来の大切なエッセンスを失うことに

なるのではないでしょうか。

 

その上で、ワークを日常的に行っていると、

見えてくる可能性についてお伝えします。

 

その1.悩みや苦しみのからくりがわかるのでそれに振り回されたり、ドラマに巻き込まれたりすることが少なくなる。

 

その2.まじめすぎたり、深刻になることがなくなり、自分の人生を、映画を見ているような感覚で客観的に楽しめるようになる。

 

その3.自分の考えを知り、出会い、受け止めることで、自己受容が努力なしに育まれる。

 

その4.「こうあるべき」から自由になることを許すことで、もっと大きな可能性を生きられるようになる。

 

その5.「あるがままの現実」を愛するとはどういうことなのかを理解し、それを実践できるようになる。

 

その6.思考(マインド)が心(ハート)のなかでくつろぎ、自分の中の戦争がおわることで、外に見えていた景色も変わってくる。

 

その7.愛や承認を外から求めるのではなく、自分の内にあることを理解することで、人を無条件に愛するこることが容易になる。

 

その8.あれをするべきではない、これを言うべきではないという思い込みから解放されるので、コミュニケーションが自然に起こり、アサーションがスムーズにできる。 

 

その9.そこにある奇跡や相互関連に気がつくようになることで、感謝の気持ちや幸福感が勝手にわいてくる。

 

その10.恐れがワクワクに代わることを体験できるので、恐怖が減少する。

 

その11.自分にとって何が真実なのかがわかりやすくなる。

 

その12.良い、悪いという二元性を超えた非二元をハートで理解できる。

 

その13.ビリーフ(思い込み)を構成する思考の粘着力が弱まり、勝手に離れていく。

これらがすべて1回のワークで起こるとは言っていませんが、

多かれ少なかれ私が自分自身で実感していることです。

そう考えてみると、いまさらながら、ワークってすごいなあと思います。

 

ワークに心を開いていると、上に書いたような

気づきが、自然に育まれるとでもいいましょうか。

 

だからと言って、私がものすごくいい人になったわけではありません。

誤解を恐れずに言えば、より自分らしく生きられるようになった

ということなのかもしれません。

 

あなたは、自分の可能性に興味がありますか?

より自分らしく生きたいですか?

 

イベントのご案内

ワーク無料体験セッション60分

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/22016

 

バイロンケイティのワークに興味がある人、英語での自己探求に興味がある人、ワークのワークショップを海外で受けたい人に

 6/16 東京都 Let’s do The Work in Eglilsh!

家庭に仕事にと忙しく、なかなか自分について考える時間がない女性たちに

 6/21 埼玉県 6/21(金)よる7時 夏至の引き寄せ講座 「本当のワタシをみつけよう」
(こちらはワークも一部ご紹介しますが、ワークだけの講座ではありません)。

 

 

自分の領域にいると、人生はシンプルで楽になる。

 

今日は、バイロン・ケイティのワークには欠かせない

「領域」という概念について書きます。


ワークを作ったケイティは、 世界にはたった3つのの領域しかない

といいます―「私の領域」「あなたの領域」「神の領域」。


「私の領域」とは、自分が管理できる、力が及ぶ範囲、

私の思考、好き嫌い、行動と言えばいいでしょうか。


「神の領域」とは何かというと、

私たちがコントロールできない 「現実」に関すること。

たとえば雨が降っている時 「雨は今すぐやむべきだ」

と思うことがそのいい例。 天気や災害,死に関することや、

電車の遅延もそうかもしれません。


「あなたの領域」とは、 自分以外の人に関すること。

「もっと愛情を表現すべき」

「健康的な食生活をするべき」

「仕事を探しに行くべき」

「いつも元気に笑顔でいるべき」・・・。


みなさんが誰かにこう思っているときは「あなたの領域」にいます。

「あなたの領域」にいると、

自分を生きる人がお留守で そこにいないので、

人生はうまく行かなくなるといいます。


また、「あなたの領域」にいると発動するもの、

それは「私はあなたがどうすればいいかを知っている」 という考えです。

でも、その人にとっての最善が、 本当にわかるのでしょうか?

特に親しい家族やパートナーは この領域があいまいになりがち。

「私たちの領域」は残念ながらありません。

親切だと思って「あなたのためを思って言ってるの」って、

あまり親切じゃないことが多いしね。

私もかつて、パートナーから 「I know kaori」というあだ名をつけられたことがあります(笑)。


ストレスを感じている時、ふと立ち止まって、

自分は誰の領域にいるか考えてみましょう。

「あっ、また自分がお留守だった!」

「あなたの領域にいたな」と気がついて、

クスッと笑えたらしめたものです。

「私の領域」に戻って、私の力の及ぶ「私の領域」から、

「私の人生」を生きよう。

そうすると人生は、もっとシンプルで楽になるみたいです。


あなたはいま、誰の領域にいますか?

バイロンケイティ・ワークの誕生

「自分の思考を信じている時に苦しみ、

そうでないときは苦しまない」

そのことがはっきりと理解された

Epiphany(突然のひらめき)の体験のあと、

療養所から自宅に戻ったケイティの変貌ぶりに、

家族も友人もびっくり!

それが一時的なものではないとわかると、

そのうわさはたちまち広がり、

彼女の自宅には人々が集まってきました。

そのころのことを振り返り、

ケイティはあるワークショップで

こう言っていたように記憶しています。

「私は毎日砂漠に行って、

自分の思考(マインド)の声を聞いていました。

それは、いつもこんなことを言っていました。

I want(こうしてほしい)、

They shoud (こうするべきだ)、

I need (こうしてもらう必要がある)、

なんとかかんとか・・・。

私はそれを紙に書き、一つひとつ、

それは本当かどうか、問いかけを始めました。

それがワークの始まりです」。



人々は、どうしたら彼女のように

なれるのか知りたがったため

ケイティは自分の内面の問いかけを、

具体的な形式で伝えることにしました。

それがワークの、この4つの質問の始まりでした。



思考と苦しみの関係は、

特にケイティがはじめに発見したわけではなく、

昔から多くの人が言っていますし、

仏教や禅、西洋哲学にもその教えを

見ることができます。

引用は、人生を変える4つの質問「ザ・ワーク」(ダイヤモンド社)より抜粋



自分自身、そして自分の感情を

より理解すればするほど、

ありのままの現実を愛するようになる。

スピノザ(哲学者1632-1677)



私たちの心を乱すのは、

現実に起きていることではなく、

起きていることに対する考えである.

­―エピクトテス 古代ギリシャの哲学者



すべての思考から距離を置くことができれば、

たどり着けない場所はない。

僧瓈 中国の禅宗三祖 606年没



さて、僧瓈さんは、思考から距離を置くこと

と言っていますが

一体どうしたら距離を置くことができるのでしょうか?



思考をただ、雲のように眺めることができたら、

あなたは雲ではなく、

その雲(思考)を眺めている者です。



ワークは、少しそれに似ています。

思考をまず紙に書いて、眺め(認識し)ます。

そして、問いかけるのです。

紙に書くことで、あなたは思考を

眺めることができます。

そう、あなたは思考ではなく、

思考を眺めている者です。

そこには距離があります。



思考を眺めている

あなたは誰ですか?


バイロンケイティのワーク入門ワークショップストレスや苦しみから自由になれる「問いかけ」の力2019/4/28(日) 13:00~  Epiphany 
バイロンケイティのワークで アサーティブネスを学ぼう!  Noと言えないあなたへ Noは自分へのYES!2019/5/ 1(水) 13:00~ (Epihany)

バイロンケイティのワークを、一言でいうと?




「バイロンケイティのワークって何?」と聞かれると、

何も知らない人には、

「カウンセリングのようでいて、 瞑想のようなもので、

様々な悩みやストレスに作用する

マインドフルネスのようなもの」と答えています。

本当は、カウンセリングというよりも、

問いかけ(inquiery)なのですが、

問いかけというのも一般的ではないので

一応そう言っています。

ラマナマハラシが「Who am I(私は誰か?)」

という問いかけるよう教えていましたが、あの感じです。



答えは問いかけた人自身が答えます。

正解はありません。

ただ、正直に、オープンになって答えます。

ワークは1人でもできますが、

通常はファシリテーターが質問し、クライアントが答えます。

(私は何年やっても、今だにファシリテーターがいてくれたほうが

断然やりやすいです)



コーチングのコーチはよくこんな質問をしますね。

「何をしたいですか?」

「それは具体的にはどんな感じですか?」

「どのように伝えますか?」

などと聞きますよね?

そしてコーチが具体的に解決策を提示することは、

あまりないはずです。

なぜなら、答えはクライアントの中にあるからです。

同様に、ファシリテーターが悩みを解決したり、

アドバイスをしたりはしませんが、

気づきがあれば、クライアントの承認の上で、

それをシェアをすることはします。



そこで、重要なのは、どのようにして

ストレスのもととなる思考を見つけるのか?ということ。

どうして、こんなにイライラするのか? 頭に来るのか?

落ち込んでいるのか? 動揺しているのか?のもととなる思考をです。

そこで、登場するのが、ジャーン!

英語でJudge your neighbor worksheet、

日本語ではジャッジメントワークシート

ワークの日本語ホームページからダウンロードできます。

このシートに沿って自分の思いを書いていきます。

きちんと書き留めることで、自分が何を信じているのか、

認識することができるように素晴らしくデザインされています。



少し慣れてくると、「もう、書かなくていいや、面倒だし」と

思うかもしれませんが、それはマインドのトリック。

「もうわかってる」「この間とどうせ同じ」、そんな思いが出てきたら

もう一度初心に戻って、ジャッジメントワークシートに書き留めましょう。

ワークのやり方もここをご覧ください。



やり方がわからない、質問したいなどお気軽にご連絡ください。

ちょっとした質問も大歓迎です。

実際に60分のセッションをやってみたい方も初回無料です。

<お問い合わせ、お申込みはこちらをクリック>

ストレスのもととなる思考から解放される方法

私はホームページの理念のところに

「すべての人がビリーフから解放され、本来の自由と幸福を生きる」

と書いています。

自由と幸福なんて、ずいぶん大きいな理念だだなって

思うかもしれませんが、

本来の自由と幸福を生きたくないって人がいるのでしょうか?

みなさんも「そうできたらいいよな」って思いませんか?

私も自由になりたい一心で、世界中に出かけて行っては、

色々なことを試しました。

色々なワークショップに出たり、先生についたり。

そんな中で「これだ!」と私が思ったもの、

それがバイロンケイティのワークです。

英語で書くとThe Work of Byron Katie.

Googleで検索すれば、たくさんヒットすると思いまし、

本も4冊翻訳されていますから、

興味のある方はぜひ読んでください。

バイロン・ケイティの本名は、Byron Kathleen Michel、

アメリカのテキサス生まれ、カリフォルニアで育ち、

3回結婚をし、3人の子供の母親でもあります。

彼女が43歳のとき、うつ病がひどくなり外出もままならず、

過食、アルコール中毒などを併発し、手がつけられない状態に。

ついにある療養所に入所。

そこでも、自分はベッドに寝る価値がないと床に寝ていたそうです、が、

ある朝、突然それは起こりました。

(以下「ザ・ワーク 人生を変える4つの質問」ダイアモンド社より抜粋)

その瞬間、心の奥底から笑いがこみあげてきました。

従来の自分の知覚で認識できるものが何もありませんでした。

すべての怒りや悩み、「私の世界」、そして全世界が消え

自分ではない他の何かが目覚めたようでした。

そしてその「何か」が目を開け、

ケイティの目を通して物事を見ているんです。

「それ」は喜びにあふれていました。

自分と分離しているものや、

受け入れられないものが何もないのです。

すべてが、ただありのままの姿で存在していました。

この体験のことを、彼女はEpiphany(エピファニイ – 突然のひらめき)

と呼んでいます。いわば俗に言うAwakening(目覚め)とか、

さとりが起こったということでしょうか?

そのとき彼女が理解したのは

「自分の思考を信じている時に苦しみ、

そうでないときは苦しまない」ということでした。

「自分の思考を信じるときに苦しみ、そうでないときは苦しまない」

いかがでしょうか、みなさんはそうだと思いますか?

「上司は私を使えないと思っている」キーッ

「彼は私をないがしろにしている」ムカっ

「うちの子はどこかおかしい」オロオロ

「夫はもっとお金を稼ぐべきだ」怒!

「彼女は私を避けている」ビクビク

上司、彼、うちの子、夫、彼女を誰かの名前に変えたら、

結構あてはまることがあるのでは?

ワークでは、これらの思考に問いかけ、

自分にとってほんとうは何が真実なのかを、

4つの質問と置き換え(Turn around)で探っていきます。

さて、その4つの質問とは

1. それは本当ですか?

2. それが絶対に本当だと言い切れますか?

3. それの考えを信じるとどのように反応しますか?

4. その考えがないとどうなりますか?

そして、そのフレーズを、自分に、他人に、そして反対に置き換える、

以上です。

えっ?シンプルすぎる?

それはわかります。私もそう思いましたから(笑)。

でも、ワークはやってみないと分かりません。

ワークはやってみないと、機能(ワーク)しないのです。

アタマ(マインド)は複雑さが大好き。

何でも複雑にとらえようとします。

それがストーリーです。

あなたはストーリーが好きですか?

それとも「現実」を知りたいですか?

もし、現実が何か知りたいと思ったら、ぜひワークをやってみてください。 1回目の60分のセッションは無料です。 お問い合わせフォームから、時間などお問い合わせください。 リザーブ&ストックからも予約いただけます。

思考はあなたではない

私は思考ではない。

概念で知ってはいても、私は思考を信じてしまう。

自動的に、無意識に。

そしてある日、思考を信じない人達がいることを知った。

その一人が、バイロン・ケイティだった。